お歳暮平均予算

MENU

お歳暮は皆が喜ぶ顔を想い選びたい

 

お歳暮は皆が喜ぶ顔を想い選びたい

 

お歳暮の時期はいつ?

日本人は親しい人やお世話になった人へのお礼として年末にお歳暮を贈る習慣があります。しかし、この習慣は最近そういう風に変わったもので、昔は正月を迎える準備を始めるためのもので、12月13日から20日までに贈られていました。そして贈答の時期がもっと早くなっているようです。関東地域では、11月末から贈るようです。お歳暮はお世話になった人にお礼ですから、水引の結び目の真ん中に「お歳暮」と書いたのし紙をつけて贈ります。

 

最近はネットショップも人気

お歳暮はお世話になった人のお宅を訪問し、お世話になったお礼を言って手渡しするのが一番良いのですが、遠方に住んでいる人もいれば、多忙でなかなか会えない人もいるので、インターネットショップやギフトショップで品物を選んでそこから送る場合が多いようです。この場合は挨拶文をきちんと同封するか、品物が届くころを見計らって、どんなものをいつ送ったのか、送ったお店の名前をハガキや手紙に送るのが良いでしょう。相手の都合も考えて、いつ送ればよいかを予め尋ねるのもマナーです。とくに魚や肉などの生鮮食品は相手方が留守をしていては、せっかく送っても賞味期限を過ぎてしまったということになりかねませんから、相手の都合は尋ねましょう。

 

お歳暮は感謝の気持ちを品物で表すものですから、お返しの必要はありませんが、受け取ったときはお礼状を必ず出しましょう。礼状の書き方は送ってくれた人に感謝の気持ちを伝えるとともに、相手の近況を尋ねたり、健康を気遣った文を添えたりするとより心のこもったものとなります。

 

感謝の気持ちが伝わるものを選ぶ

今年はどんなものをお歳暮に送ろうかと、毎年悩む人はたくさんいるでしょう。お歳暮は相手の負担になる高額の品物や、迷惑になる突飛なものは贈ってはいけません。お歳暮は相手にこちらの感謝の気持ちを伝えるものです。ですから、さりげなく感謝の気持ちが伝わるようなものを選びましょう。

 

そのためには、相手の趣味嗜好や近況を知っている必要があります。まったくお酒を飲まない家族にビールを贈ったり、甘いものが嫌いな家族にお菓子を贈るのもどうかと思います。どうしても悩んだら普段、家庭で使用できるものや相手の好む食料品などが良いでしょう。最近では低カロリーや減塩の食料品など健康に気を配った品物を選ぶ人もいます。こうした配慮は相手方にきっと喜ばれると思います。

 

お歳暮の平均の予算は3千円から5千円くらいですが、相手により様々であってよいと思います。特に決まりはありません。金額よりもいかに気持ちが込められているかが大切です。たとえ安いものであっても、ちょっとした気遣いが相手に伝わるならば良いのです。

 

受け取った相手の喜ぶ顔を思い浮かべながら、お歳暮の商品を選ぶのはとても楽しいものです。品物を選ぶ時間は相手のことを考える時間でもあり、そういう時間も楽しみたいですよね。そのためにもテレビCM、雑誌などから情報を収集して、良い品物を選んでください。⇒インターネットで人気の贈り物ギフトはこちらから